冷え(夏でも冬でも極力体を冷やさないように心掛けることで、免疫力が上がり、健康な体を維持できるでしょう)症を解消するのには、アロマがいいといわれています。 アロマには体を温め、血流を良くする作用があるそうです。 また、自律神経(バランスが崩れてしまうと、自律神経失調症になってしまいますが、その症状は人によって違います)や心の乱れも改善する働きがあって、(全くないというのも逆に健康にはよくないそうです)や不安などを和らげ、気分を落ち着かせることも可能です。 冷え症に良いアロマは、以下の通りになります。 ・ジンジャー ・シナモン(シナモンの木の樹皮を乾燥させて粉末にした香辛料のことですね) ・ラベンダー ・スイートマジョラム ・リンデン ・クラリセージ ・ローズマリー(シソ科の常緑性低木の一種で、色々な品種があります) ジンジャーやシナモン、ラベンダーは、体を温める作用があります。 湯船(和式、洋式、和洋折衷の三タイプに分類できます)に入れると体の芯まで温めることができ、冷え症を和らげる事が出来るはずです。 ただし、刺激が比較的強いアロマなので、肌が弱い方は注意してください。 スイートマジョラム、リンデン、クラリセージは、保温効果があるアロマで、風呂上りに使えねポカポカの状態で就寝できます。 冷えが原因で、寝付きが悪いという人にお勧めですよ。 そして、ローズマリーには血行促進効果があるので、冷え症に悩まされている人によく使用されていますー